Back to top

エネがえる V4 API仕様

1 最初のステップ

アクセス用 認証情報の取得

APIを利用するためには以下の認証情報が必要です。営業担当者にご連絡ください。

  • APIキー

  • ユーザーID

  • パスワード

ログイン

下記のような形式で ログイン用APIをコールし、認証トークンを取得します。

(cURLの場合)

curl --location --request POST 'https://api.enegaeru.com/v4/login'
  --header 'x-api-key: 5npx3*****************'
  --header 'Content-Type: application/json'
  --data-raw "{'id':'xxxxxxxx', 'password':'xxxxxxxx', 'forcelogin':true}"

(PowerShellの場合)

$headers = New-Object "System.Collections.Generic.Dictionary[[String],[String]]"
$headers.Add("x-api-key", "5npx3*****************")
$headers.Add("Content-Type", "application/json")

$body = "{`"id`": `"xxxxxxxx`", `"password`": `"xxxxxxxx`", `"forcelogin`":true}"

$response = Invoke-WebRequest 'https://api.enegaeru.com/v4/login' -Method 'POST' -Headers $headers -Body $body
[System.Text.Encoding]::UTF8.GetString( [System.Text.Encoding]::GetEncoding("ISO-8859-1").GetBytes($response.Content) )

問題がなければ、下記のような形式のJSONが返ってきます。(userinfo はケースにより内容が異なります)
{
  "uid": "IAWUDBAE*******************************************************************",
  "userinfo": {
      "username": "xxxxxxxx",
      "group_id": 2,
      "group_name": "企業管理者",
      "corporation_id": xxxxxxxx,
      "APIplan": "xxxxxxxx",
      "setting": null
  }
}

APIの実行

ログインAPIで取得した認証トークン(プロパティ名:uid) をヘッダーにセットして APIをコールします。

(cURLの場合)

curl --location --request GET 'https://api.enegaeru.com/v4/epcorps?prefectures_cd=01'
  --header 'x-api-key: 5npx3*****************'
  --header 'Content-Type: application/json'
  --header 'Authorization: IAWUDBAE*******************************************************************'

(PowerShellの場合)

$headers = New-Object "System.Collections.Generic.Dictionary[[String],[String]]"
$headers.Add("x-api-key", "5npx3*****************")
$headers.Add("Content-Type", "application/json")
$headers.Add("Authorization", "IAWUDBAE*******************************************************************")

$response = Invoke-WebRequest 'https://api.enegaeru.com/v4/epcorps?prefectures_cd=01' -Method 'GET' -Headers $headers -Body $body
[System.Text.Encoding]::UTF8.GetString( [System.Text.Encoding]::GetEncoding("ISO-8859-1").GetBytes($response.Content) )

電気事業者のリストがJSONで返ってくれば疎通確認OKです。
あとはこれを基本に、次の各API仕様に従って必要な追加データをセットしてAPIをコールしてください。


2 各APIの仕様

  • 一般用API
    ログイン・ログアウト、単機能のシミュレーション、料金計算など基本的なAPIをご提供します。

  • ASP構築用API:
    世帯・診断結果管理、効果額計算、レポート作成などのAPI(詳細は営業担当者にお問い合わせください)

  • 管理用API:
    企業情報・ユーザー・グループなどの管理用API(詳細は営業担当者にお問い合わせください)


3 API利用の例

電気料金比較のような場合、例えば次のような順番で APIを呼び出します。

また、エネがえるAPIはブラウザから直接呼び出す形ではなく、サーバーサイドのプログラムから呼び出してください。(ユーザーIDによるログインを1か所で管理するため。)



実際の APIのご利用方法をご理解いただくために ブラウザで動作するWEBアプリケーションのサンプルをご用意しました。=> サンプル

ダウンロードして中身をご確認ください。

Generated by aglio on 30 Nov 2020